ストロングハートプラスを使用する時期

「ストロングハートプラスを使用する時期」のイメージ画像

ストロングハートプラスを愛犬に月1回投与すれば、フィラリアやおなかの虫による病気を確実に予防できます。

フィラリアというのは、蚊が運んでくる寄生虫です。そのため、投薬するのは蚊が活動する暖かい時期だけで、蚊が飛んでいない冬は休薬期間となります。

具体的な投薬期間ですが、一般的に蚊が発生するのは4〜11月頃をされています。しかし、蚊が発生してすぐに投薬をする必要はなく、ストロングハートプラスを開始するのは5月からでOKです。
その理由は、フィラリアの成長スピードにあります。蚊にさされた感染直後というのは、ミクロフィラリアと呼ばれる幼虫の状態です。そして3〜10日ほどでフィラリアは脱皮して移行幼虫になりますが、ストロングハートプラスなどの薬は移行幼虫に対して作用するので、蚊が発生した直後から投薬しなくても良いんです。

また、蚊が終息するのは11月頃ですが、ストロングハートプラスは蚊が終息した1ヶ月後の12月まで投与する必要があります。というのも、蚊がいなくなる直前に吸血していると休薬期間中にフィラリアが成虫になってしまいます。そのため、確実にフィラリア症を予防するためには12月まで投薬を続けなければならないのです。